全てを許してあげるJuice=Juice/全ては許せないけど抱きしめ返してあげるJuice=Juice

ただ「好き」とか「気に入っている」とかでは処理できないコンテンツってありませんか。

わたしの場合、それがハロプロの曲でよくあるんですよ。

なんて表現したらよいのか、「定期的に気になる」というか「なんか腑に落ちない」というか。好き、といえば好きなんだけどそれだけではないべっとりとした執着に近い感情というか。

 

そのうちのひとつがJuice=Juiceの「イジワルしないで抱きしめてよ」だったんです。

なんかよぅわからんじゃないですか。何を「お願い」してるのか、どうして「私はローズクォーツ」なのか。

一旦これは去年?に時間を取って考えて、自分なりに解決したんです。

そしたらまたわかるようでわからない、わかりたい曲が出てきて。

プラトニック・プラネット」っていうんですけど。(音源未発売)

 

「イジ抱き」のほうはつんく♂さん作詞で、「プラプラ」のほうは児玉雨子さん作詞なので繋がりはなさそうではあるんですけど、どうしても対比っぽいというか、繋がりを考えてしまう部分があって、それについて考えていきたいなと思っています。

 

随時更新予定です。

 

 

「イジワルしないで抱きしめてよ」の話

www.youtube.com

まずはここから自分の考えを整理させてください。

 

この曲はずっと「背伸びをして大人ぶっている女の子の曲」だと思っていたんです。

でもよく考えてみたら超絶切ないラブソングなのでは、という考えにまとまりました。

一旦その話をしますね。

 

主人公は何を「お願い」しているのか?

イジ抱きのなかで印象的なパートといえば、サビに入る直前のBパート佳林ちゃん「お願い」パートですが、一体これは何をそんなにお願いしているのか、と疑問を持っていたんです。

曲全体を通して聴くと主人公が終始すごーーく強気じゃないですか。

なんでそんな女の子がそんなに懇願しなきゃいかんのかと。

 

1番

ねぇねぇ

私の

どこが好きよ

ねぇねぇ

触ってみて

ねぇねぇ

言葉で

言うんじゃなくて

もうちょっと近づいて

お願い

2番

ねぇねぇ

あなたの

匂い好きよ

ねぇねぇ

気づいてるかな

ねぇねぇ

今夜は

さっぱりスイーツ

もう一個いいでしょう⁉

お願い

 これだけ見るともっとわからないんですよ。

なんだけど、気になる点はいくつかあるよね。

 

・どこが好きかは言葉じゃなくて触って教えてほしい

※1番では接触を強く求めている

・主人公は相手の匂いが好き

2番はただ読むと「スイーツもう一個食べたいな」だけど、

これはたぶん「スイーツもう一個分一緒にいたい」じゃないかと思います。

 

一旦場面を整理しよう

主人公とその相手の関係性は一旦恋人同士、で話を進めます。(わかりやすいので)

当時のメンバーの年齢を考え、中学生~高校生くらいの話と仮定。

「早く会いたいわ」からの「さっぱりスイーツもう一個」なので、デート中と予測しました。

 

二人の関係性を深堀りしてみた

イジワルしないで抱きしめてよ

と言っていることから、主人公は相手に対してもどかしい気持ちを抱いているんでしょう。

以下のことを相手に求めています。

  • 冷えた心 すぐに温めて
  • どこが好きよ(略)触ってみて
  • 言葉で言うんじゃなくて(略)もうちょっと近づいて
  • イジワルしないで抱きしめてよ
  • 今夜はさっぱりスイーツもう一個いいでしょう
  • 心の底からこっち向いてよ

ざっと見てみて、相手の態度に納得いっていないんですかね。

言葉では「愛してるよ」「好きだよ」とか言うけど、アクション起こさないじゃん!私を見ろ!!ってところでしょう。

 

何をお願いして、何を許してあげるのか

状況整理ができたので、ここからは揃った項目からの私の妄言です。

 

主人公の最終目的:彼と距離を縮めたい!

不随する感情

・いつもはぐらかされるけど今夜はうまくいくといいな

・私もう準備できてるんだけどな(※歌詞:シャボンを纏いたっぷりバスタイム乙女を高める)

早く抱きしめてくれないかな、そしたら今までのイジワル(に見える態度)も許してあげるのに

・もう帰らなきゃいけない時間が近づいてるな(※つんく♂曲では門限がよく登場する)、スイーツもう一個分時間を延ばしてもいいかな…、お願い

 

じゃないでしょうか!?

 

主人公が「接触」にこだわってるのは、関係を進めたいからだと思うんですよね。

だから何度も「お願い」するわけ。

主人公が知っている中で一番近い「あなた」だから、好きなところを「匂い」と言うんだと思います。

横顔とか、声ではだめなのです…。

近さで言うと

視覚→聴覚→嗅覚→触覚

の順に近いですからね。

 

こんなことを考えていた時期があったんですけど、つんく♂さんのライナーノーツを漁っていたら、それに近しいことを言っている曲を見つけました。

今では非公開になってしまっているのですが…。

Berryz工房付き合ってるのに片思いのコメントです。

概要だけ記載すると…

  • 付き合っていても中高生くらいだと女子のほうがませてる
  • 男子は付き合うっていっても何をしたらいいのか分からないときがよくある
  • だから女子がヤキモキしてしまう

こんな感じ。まさにイジ抱きじゃないですか?

つんく♂さん自身はこの曲に関しては

ローズクオーツという石がキーワードです。
「美を象徴する」そんな石をテーマに素直に愛してと女の子の本音を曲にしました。

とだけ書いています。

(引用:https://ameblo.jp/tsunku-blog/entry-11678342690.html?frm=theme

 

 ここからは「プラトニック・プラネット」の話

プラプラの歌詞、わかるようでわからず、非常に難解です。

まずは、わかるようでわからない単語の意味を拾いつつ、歌詞をさらっていきます。

※歌詞は暫定です。

歌詞を詳しく見ていきたい

1番Aメロ(※愛 愛 愛 愛…は略)

アフロディーテ

ちょっぴりいい感じなんじゃないの?
Wow
ほらね見て
肌の調子も超最高
でも でも

 ・アフロディーテ

ギリシア神話に登場する愛と美の女神です。

ここで一旦思い出してほしい、「イジ抱き」の「ローズクォーツ」を。

ローズクォーツは「美・愛・優しさ」を意味するパワーストーンです。

これを頭に留めて話を進めて行きたいところ。

マグダレーネ
今日こそアクションがなくちゃ
Wow
もしかして
心変わりしてしまうかも
かも かも

・マグダレーネ

これちょっとわからなかったのですが、ドイツ語でよく使われる女性の名前だそうで、新約聖書に登場する「マグダラのマリア」が由来なんだとか。

ざっくり言うと「罪深い女とされていたが、改心してイエスに従った」女性で、西洋美術のテーマとしてもよく登場します。

ここでも「イジ抱き」のように相手にアクションを求めていますね。(いや、自分になのか…?)

改心、で心変わりなのか…?ちょっとここはまだわかりません。いろいろ調べてみます。

1番Bメロ

この地球(ホシ)の青さが
熱を冷ましてしまうなら
いっそあなたを連れて
金星まで行っちゃいたい…!
本気で

・金星

地球の隣の惑星ですが、英語では「Venus(ヴィーナス)」と呼びます。ここでも「愛と美の女神」が想起されます。

アフロディーテとヴィーナスは厳密には違う神様ですが、西洋美術では時代が進むにつれて同一視されるようになっています。

 

なんで金星まで行っちゃいたいのか疑問に思うところですが、

  • 地球脱出して隣まで行っちゃいたい勢い
  • 表面温度がめちゃくちゃ高い惑星である

こんなところですかね。地球で熱が冷えちゃうなら熱い星で熱い恋をしましょうよ、って意味だと思います。

 

1番サビ

絶対あなたじゃなきゃヤだよ
飛び出して プラトニック・プラネット
すっごい世界が知りたいの
この瞳(め)でわかるでしょ

絶対わたしの方がいいよ
回ってる プラトニック・プラネット
抱きしめ返してあげるよ
すべては許せないけど

愛 愛 愛 愛…
愛して

 1番の内容でなんとなく推測できる内容としては以下のようなところです。

  • 相手には彼女?(少なくとも主人公のライバルとなるような存在)がいる?
  • 相手とはいい感じっぽいけど煮え切らない関係
  • 少しでも熱が冷めたら心変わりしてしまいそう
  • そんな状況や態度ぜんぶは許せないけど抱きしめ返してあげるよ(受け入れるよ)

なんかクソ男臭がしますね。

抱きしめ返してあげる、ってことは主人公にアクションしてるんですかね。

それとも「あの子は抱きしめ返してくれないけど、私だったらするよ」なのかな。

 

2番Aメロ

プロメテウス
そっと胸に火をつけたの
Wow
一度でも
知ってしまえば戻れないもの
Come on, Come on

・プロメテウス

ギリシア神話に登場する神様です。天界の火を盗んで人類に与えた存在で、人間を創造したとのお話も。

(参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9#:~:text=%E3%82%BC%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%82%92%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%88%87%E3%82%8A,%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%9D%A2%E3%82%92%E6%9C%89%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82

だから「そっと火をつけた」なんですね。

あと、1番Aメロの「かも かも」と「Come on,Come on」が対応しているのも注目したいところです。

 

2番Bメロ

この大地(ホシ)に林檎が
キスして引力生まれた
きっとあなたとわたし
見つめ合えばジェネシス
運命

・この大地に林檎が~

Juice=Juice「愛のダイビング」でも林檎が落ちる表現が使われています。

恋に落ちた

それはまるで林檎のように

その引力に この心は 身を任せた

 それを踏まえて、この部分は恋に落ちる様子を表現していると考えられます。

ジェネシス

創世記、起源、発端…といった意味があります。

ギリシア神話の単語が多く登場するこの曲においては「創世記」「起源」の意味をとるのが良いかと思います。

見つめ合えば運命の恋が始まるよって内容でしょう。

 

2番サビ

全然我慢できない衝動
抜け出して プラトニック・プラネット

 ・抜け出してプラトニック・プラネット

ここで一度考えたいのが、「プラトニック・プラネット」という言葉です。

直訳してしまえば「プラトニックな惑星」ですが…。

せっかくなのでここはやっぱり他の単語とも絡めていきたいですよね!

 

プラトニック」という言葉は「プラトン」に由来する言葉ですが、プラトン古代ギリシャの哲学者です。

イデア」という完全な真実、理想の世界があるものとし、その影が現実である…というのがプラトンの哲学の超概要で、そこから「プラトニック・ラブ=精神的恋愛」という言葉に発展します。

 

それの反対となる言葉が「エロス」で、こちらは肉体的欲求を伴う愛のこと。

エロス、といえば女神アフロディーテの息子の名前でもあります(キューピッド、クピドと同一視されることもあります)。

 

ギリシア神話にはいろいろな神様がおりまして、アフロディーテのように恋愛話には事欠かない女神がいる一方、妙に潔癖で肉体が伴う恋愛を毛嫌いする女神もいました。

それが月の女神「アルテミス」です。処女神と頭につくこともあります。

アフロディーテとアルテミスは対比の関係にあり、これを知っておくとギリシャ神話や西洋美術を見るのが楽しくなるかもしれません。

 

話は脱線しましたが、

月が地球の衛星であることや、1番のBメロを踏まえると、

地球(月:アルテミス)=プラトニック・プラネット。プラトニック的な愛

金星(Venus)=エロス的な愛

ここが対比になっているのかなと思います。ふむ。

 

長々と書いてきましたが、要するにプラトニックラブを抜け出して情熱的な恋をしましょうよ!と言っているんですね。

言葉なんていらないけど
約束がほしいの

伏せたキラキラの目尻に
滲んでる プラトニック・涙
気づいてないふりが下手な
意気地なしは もうやめてよ

 サビの続きです。

「言葉なんていらないけど約束がほしい」の部分がわかるようでわからない…。

口だけの「愛してる」とか「好きだよ」はいらないから私を彼女に選んでってことか…?

相手は主人公の気持ちに気づいているけど気づいていないふりをして答えをあいまいにしているという状況はわかる。

それを主人公は「意気地なし」と思ってるんですね。

1番の状況から考えると、

  • 相手は相手の彼女と関係があるまま、主人公とも関係をもってしまった?
  • 主人公は相手に決断を迫っているが、相手は決め切れていない

やっぱりクソ男臭はするんですけど、もしかしてもしかすると主人公がただただ勘違いしてる説も捨てきれないんですよね…。

なぜなら「すでに運命の恋に落ちてる」とは言っていない(恋に落ちる、あくまでも直前である)から…。

うーん、これも考えていきたいです。

 

・伏せたキラキラの目尻に

なんも考えずに読むと涙がにじんでる様子を表現しているように見えますが、「キラキラの目尻に滲む涙」だからメイクでキラキラしてるのかな。

近年のJuice=Juice像「メイクばっちり強い女」を想起させます。

 

大サビは1番サビと同じ内容なので割愛します。

 

「プラプラ」の内容まとめ

ここまで「プラトニック・プラネット」の歌詞を細かく見てきましたが、タイトルは「プラトニック・プラネット」だけど内容はプラトニック・プラネットを抜け出したい=プラトニックじゃなくなりたい!」ですね。

 

単純に「肉体を伴う愛し方をしたい」というのではなく、「煮え切らない関係は終わりにして情熱的に愛したい」が近いのかなあ。

 

主人公とその相手の関係性は「プラトニック・プラネット」という言葉から想像できるようなピュアな感じではなさそうですよね…。

 

なんというかこう、男性側は浮気相手のつもりが本気になられちゃって困っているような、女性側からしたら「好きっていったじゃん!彼女と別れるの?別れないの?どっちなの?」みたいな…。

 

すでに本来の意味でのプラトニックではないのでは…と思うんですけどどうなんでしょう……。

「イジ抱き」と「プラプラ」何が同じで何が違うのか

ここまで2つの曲の歌詞を見てきましたが、ここからは共通する部分と違う部分を考えていきたいと思います。

 

「イジ抱き」は、心はすでに通じ合っていて、明らかに恋人同士だけどうまく関係を進められないことを切なく思っている

=相手の身体的なアクションを求めている

 

「プラプラ」は、あいまいな態度をとられていて、関係がはっきりとしないまま自分だけが好きになっている

=相手の精神的なアクションを求めている

 

それぞれこんな状況っぽいですよね。

 

そう考えると、

「イジ抱き」では心がつながっているから「全てを許してあげられる」のか

「プラプラ」は心のつながりもあいまいだから「全ては許せない」のか

 

「イジ抱き」では「全てを許してあげられる」けど「抱きしめてもらえない」

「プラプラ」では「全ては許せない」けど「抱きしめ返してあげられる(=抱きしめてもらえる)」

 

やっぱり「プラプラ」はプラトニックじゃない気がするんですけど……。

「イジ抱き」のほうがよっぽどプラトニックだと思うんですけど…………。

そういうのも踏まえて「プラプラ」はやはり「プラトニックになりたい」んですかね?

 

複雑になってきました。

歌詞だけを見ると

現状:情熱的な関係でない(=プラトニック)と主人公は認識している

希望:プラトニックを抜け出したい

ですが、内容を考えると

現状:肉体的つながりはある

主人公の本当の希望:精神的にも強固なつながり(=約束)が欲しい

じゃないですか?それってつまりプラトニックな部分が欲しいってことでは??

だから最終的に「愛して」なのでは…。

 

そう考えると

プラトニック・プラネット」は「プラトニックを抜け出したい」ようで「プラトニックな愛が欲しい」曲

という結論になります。

めちゃ難しい……。

 

児玉雨子さんが発信することがすべてなので、あくまでもこれはコメントが出るまで有効な妄言なんですけども、

明かされるまではどんな想像も自由ですからね!